一般財団法人 全国危険物安全協会
 
 企業防災対策室の業務内容の紹介


企業防災対策室では、一般財団法人全国市町村振興協会の助成を得て、危険物災害防止等に係る危険物施設の立入検査等に従事する全国市町村の消防職員の指導能力等の向上を図り、事業所における自主保安体制の推進に資することを目的とした「消防機関支援事業」を行っています。

この事業では、危険物の事故防止対策に関連する事故事例の研究・分析をはじめ、関連する消防関係法令の改正等の経過を踏まえながら、毎年度、各種の関係図書等の開発・作成を進めるとともに、作成した図書等を教材として、総務省消防庁並びに全国消防長会の協賛の下、全国消防長会9支部の危険物事務に従事する消防職員等を対象とした「企業防災対策指導研修会」を開催しています。

また、平成28年度からは、危険物に係る重大事故の発生を防止するため当協会で作成した図書等を教材として、企業を対象とした「危険物事故防止研修会」を始めています。

※これまで開発・作成した図書については、「書籍のご紹介」をご覧ください。

この事業は、一般財団法人全国市町村振興協会の助成を受けて実施しております
 
 
 平成30年度の取り組み

1.消防機関支援事業の概要
(1)「危険物製造所・取扱所等に係る完成検査マニュアル例」の作成
消防法に規定する危険物製造所等の設置・変更の許可に係る完成検査の実施にあたり、現在、その運用については、危険物の規制に関する政令・省令等に準拠する他、その細目については、各市町村において、独自に「規則」「規程」等を策定して運用されています。
このような状況の中、全国市町村の消防機関において、統一的な運用が図れるように、平成30年度、新たに仮称「危険物製造所・取扱所等に係る完成検査マニュアル例作成検討委員会」を設置し、研修用教材の開発・作成を進めてまいります。

(2)企業防災対策指導研修会の開催
平成29年度消防機関支援事業において作成した「燃料電池自動車及び圧縮水素充填設備設置給油取扱所における災害発生時の消防機関の対応要領例」を教材として、総務省消防庁、全国消防長会の協賛の下、全国消防長会9支部等の消防職員を対象とした「平成30年度企業防災対策指導研修会」を開催してまいります。


2.危険物事故防止研修会の開催
(1)「危険物施設の危険性評価方法に係る研修会」
石油コンビナート等の特定事業所における危険物等に係る重大事故の発生防止に向けて、当協会の「業種別危険性評価方法(チェックリスト方式)」を教材として、平成28年度から開催している「危険性評価方法に係る事故防止研修会」を継続して開催します。

(2)「出前研修」
危険物施設を保有する事業所における危険物等に係る重大事故の発生を防止し、事業所の自主保安体制の確保を支援することを目的として、当協会が作成した教材等を用いて、事業所のニーズに応えられるよう事業所に出向いて行う「出前研修」を実施します。この「出前研修」では、消防機関での実務経験を有する講師が、ご要望に応じて、危険物施設の現況確認や業種特有の事故事例等を踏まえた事故防止に向けたアドバイスの他、災害発生時の消防機関への対応要領等充実した研修内容としております。

※詳しい内容等は、「事故防止研修会」でご案内しています。
 

(一財)全国危険物安全協会
企業防災対策室
〒105-0001
東京都港区虎ノ門2丁目9番16号 日本消防会館5階
TEL. 03-3597-8514(直通)  FAX 03-3597-8391
Email bousai@zenkikyo.or.jp
 
TOPへ
CopyRight(c)2001-2018 Japan Association for Safety of Hazardous Materials