理事長ごあいさつ
 近年、危険物は多種多様化し、私たちの生活に深く浸透しており、多くの危険物に起因する事故が発生している状況です。
 また、危険物施設における事故は、一旦発生すれば甚大な被害をもたらす恐れがあり、安全確保対策の重要性はますます増大しています。
 
 危険物の安全を守る活動は、昭和30年代から住民、事業者等の発意に基づき各地で展開され、市町村を単位とする危険物安全地区協議会により、危険物安全思想の普及・啓発を始めとする様々な保安活動が全国的に展開されてきたところです。

 昭和40年代からは、都道府県の段階においてもその活動を活性化するため、これら危険物安全地区協議会が相互に連携を図り、都道府県危険物安全協会が組織され、より一層積極的な活動がなされるようになりました。

 このような経緯を経て、昭和45年、全国的レベルで危険物関係施設における自主保安体制の充実強化を図り、危険物災害を未然に防止するための全国危険物安全協会連合会が設立され、昭和63年、全国危険物安全協会連合会、石油連盟、全国石油商業組合連合会、社団法人日本損害保険協会(現:一般社団法人日本損害保険協会)等からの出捐を得て、全国危険物安全協会として財団法人化、平成25年4月1日から一般財団法人へ移行しました。

 当協会は、設立27年目を迎えておりますが、危険物安全地区協議会は50年以上の地道な活動の歴史を有しており、その活動の積み重ねが全国各地における危険物事故の防止に大きく貢献しているところです。当協会としても、今後とも危険物の安全対策を推進する組織として、全国各地の危険物安全地区協議会、都道府県の危険物安全協会連合会と連携を図りながら、危険物取扱者や広く国民に対する危険物に関する安全意識の普及・啓発事業を始めとする保安活動に一層努力していく所存であります。

平成26年4月1日
一般財団法人全国危険物安全協会
理事長 上田 紘士

協会の目的と業務の概要
当協会は、危険物等に関する安全の確保を図るため、広く国民に対する危険物等に関する知識の普及啓発、危険物取扱者等危険物関係事業所等の関係者に対する安全教育及び危険物を取り扱う施設及び設備等における自主的な安全管理体制の整備等を推進し、もって社会公共の福祉の増進に寄与することを目的として、次のような事業を行っています。

(1) 危険物に関する安全思想の普及・啓発
(2) 危険物の安全管理に関する講演会、研修会等の開催
(3) 公益事業基金事業に係る危険物の安全対策の推進
(4) 危険物の安全対策に関する調査研究
(5) 危険物取扱者の法定講習等に対する支援
(6) 地下貯蔵タンク等の定期点検事業等の推進
(7) 鋼製地下タンクFRP内面ライニング施工事業者認定事業等の推進
(8) 危険物事故防止対策を推進するための支援
(9) その他この法人の目的を達成するために必要な事業

協会の組織
 組織図

業務資料をご覧になるには、アドビシステムズ社のAdobeReader日本語版が必要になります。右のアイコンをクリックすると入手できます。
 

アクセス
地図
一般財団法人 全国危険物安全協会
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2丁目9番16号 日本消防会館5階
TEL. 03-3597-8393(代表)  FAX. 03-3597-8391
 
     【各課直通番号】  
総務課 03-3597-8515
業務課 03-3597-8513
講習課・企業防災対策室 03-3597-8514
TOPへ
CopyRight(c)2001-2017 Japan Association for Safety of Hazardous Materials